日本薬剤師研修センター「薬剤師研修・認定電子システム(PECS)」について

(掲載日:令和4年4月4日)
(更新日:令和4年5月19日)

日本薬剤師研修センターの研修認定薬剤師制度では、令和4年4月から、同センターのWEB上にて電子的に研修単位が発行され、 薬剤師が自身で電子単位を管理する「薬剤師研修・認定電子システムPECS (通称ペク ス)(以下PECS)」の運用が開始されます。

PECS稼働後は、紙媒体の研修受講単位シールや薬剤師研修手帳等は廃止となり、PECSの薬剤師メニュー上で研修単位の取得や管理、 研修認定薬剤師申請(新規・更新)をすべて電子的に行うことになります。
よって、現在研修認定薬剤師の認定を受けている薬剤師、今後認定を受ける薬剤師はPECSに事前登録する必要があります。

なお、PECSの稼働に伴い、「茨城県薬剤師会 薬剤師生涯研修マイページ」での研修単位の管理は、終了させていただくことになります。これまで当該マイページで電子単位を管理してきた方へは、5月19日に、認定申請時に必要な「取得単位証明書」を発送いたしました。

PECSへの薬剤師登録について

  1. PECSの薬剤師登録にあたっては、以下のものが必要です。
    ①薬剤師免許証(登録番号・登録年月日)
    ②登録者本人固有のメールアドレス(他人との共有不可)
  2. 日本薬剤師研修センターホームページ >薬剤師研修支援システム >「薬剤師のPECS登録・ログインはこちらからです」の「薬剤師用入口」をクリック
  3. ログインボタン下の「新規登録の方はこちら」から、画面に従って登録します。
  4. 登録が承認されると、「薬剤師用入口」から薬剤師メニューにログインすることができます。

※生年月日、薬剤師名簿登録番号、薬剤師名簿登録年月日は、誤入力があると登録完了まで時間を要します。 また、いったん登録すると修正できませんので、入力間違いのないようにご登録ください。

令和4年4月1日以降PECSの薬剤師メニューで行うこと

  • 研修会を受講後、取得した電子単位を管理する
  • 研修認定薬剤師の申請手続きをする

令和4年4月1日以降茨城県薬剤師会が開催する研修会での単位受付方法について

集合研修

研修会開始前・終了後の2回、QRコードの読み取りをもって受講確認をします。

  1. PECS薬剤師メニューに表示される自身のQRコードをプリントアウトし、研修会会場に持参する
  2. 研修会開始前に受付で、QRコードを受付機器に読み込ませる
  3. 研修会終了後に受付で、QRコードを受付機器に読み込ませる

<留意点>

  • 開始前および終了後の2回、QRコードを読み込ませなければ、受講したことにならず、単位の取得はできません。
  • 1単位あたり90分以上の受講がなければ、単位の取得はできません。
WEB研修

ログイン・ログアウトの時間により受講確認をします。

  1. 研修会開催中、1単位あたり90分以上ログインし、受講する

<留意点>

  • 1単位あたり90分以上の受講によるログイン履歴が必要です。
  • 回線の不具合によるログの途切れ等であっても、単位の取得はできません。
  • 単位の申請方法は、研修会によって変動しますので、実施主体の指示に従ってください。

研修認定薬剤師の申請について

従来の書面による申請は終了しております。PECSにログインし、ネット上での申請後、研修手帳や県薬が発行した「取得単位証明書」を日本薬剤師研修センター宛てに郵送することになります。

日本薬剤師研修センターホームページ>よくある質問>認定手続き等の電子化(お知らせ)

申請手続きの手順

1.PECSでの申請

単位取得数・審査料支払い方法等の必要事項を入力して申請してください。

※手帳の取得単位数の欄には、本書に添付の「取得単位証明書」をもとに、ご自身にとって必要な期間の、必要な単位数をPECSに手入力してください。
※県薬マイページのデータが、自動でPECSに反映されるわけではありません。

新規の場合 新規申請の手順
PECSで認定申請する日から起算して「4年以内の40単位」が有効となります。
これにより、遡って4年を経過した研修単位は申請に使用できないため、40単位を取得したらすぐに申請する必要があります。
PECS薬剤師メニューの「認定申請」の「新規」ボタンから進めてください。
更新の場合 更新申請の手順
日本薬剤師研修センターより「研修認定薬剤師更新手続き」の通知が届きます。 更新申請受付期間中に、PECS薬剤師メニューの「認定申請」の「更新」ボタンから進めてください。

2.支払い

PECSでの申請時に選択した支払方法により、審査料を支払ってください。

3.手帳等の郵送

審査料の支払い完了後、研修手帳や必要書類等送付の案内が届きます。
研修手帳の代わりとして、県薬発行の「取得単位証明書」が利用できますので、当該案内に則り、日本薬剤師研修センター宛てに郵送してください。

県薬発行の「取得単位証明書」の利用方法について

令和4年3月まで「茨城県薬剤師会 薬剤師生涯研修マイページ」で研修単位の管理をしてきた方へは、5月に認定申請時に必要な「取得単位証明書」をお送りいたしました。
当該証明書には、過去5年間に受講した研修会の電子単位の全履歴を掲載しています。
申請の際には、ご自身にとって必要な期間の、必要な単位が明確になるように、不要な履歴は二重線で消してご利用ください。
個人情報および累計単位欄を記載の上、研修センター宛てに郵送してください。

取得単位証明書利用時の記載例